top of page
検索

「何度言ったら・・・」

本日の担当は、川本正秀です。


陽ざしが暑い時は、帽子をかぶるよりも日陰に入ると楽ですねえ。

というわけで、私は約15年ぐらいまえから夏に日傘をさしています。

最近は、男性用日傘の種類も同好の士も増えてきてうれしいです。


社会科教師だったので、しばしば近くのスーパーマーケットに「市場調査」に出かけます。

ときどき、大声を出している子連れのお母さんがいます。

「この子は、何度言ったらわかるのよ~!」

子どもはうつむいて、申し訳なさそうな顔をしています。

しかし、真実を私は知っているのです(内容は知りませんが)。

「この子は、本当はわかってないぞ!今はいくら言っても無駄だよ、お母さん!」


相手に何かを教える、アドバイスをする立場の方(教師、上司、母親などなど)はご存じでしょう。

相手にわかってもらう、理解してもらうことが思った以上にやさしくないことを。

「何度言ったらわかるのか~」と言いたい気持ちは、よくわかります。

しかし、あなたの強い口調での一言は、相手を追い詰めているのです。


正確には分かりませんが、人によって理解力(わかる力)には差があります。

1回でわかる子、10回でわかる人、100回でもわからない人だっているかもしれません。(いつも同じとは限りませんが)

それを、魔法の言葉のように、「何度言ったらわかるのよ」で解決するのは難しいと思います。

追いつめられると、ストレスになり、言われるたびにたまっていきます。

そして、いつか、何かの形で爆発するかもしれません。

泣く、叫ぶ、怒る、はまだしも、帰ってこない、なんてなったら一大事ですね。


「人は、もともと自分の思い通りにはならない」

「何度言ったらわかるかは、人それぞれ」

と考えれば、少し気が楽になりませんか?

わかってもらえるまで「追いつめず」に、わかるように話し続けるあなたの根気強さが試されています。

相手をよく観察して、どう話したら伝わるかを見つけるのは、あなた役目なのです。

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page