top of page
検索

「過去」に生きる人

本日の担当は、川本正秀です。


過去の失敗などについて相談を受けることがあります。


「ささいなことで仲たがいした友人と疎遠になり、今も後悔しています」

「けんかして別れた彼氏のことを思い出すと、悲しくなります」

「試験に落ちて第一志望校に行けなかったことが忘れられない」

「仕事中、失敗したことをしばしば思い出して、情けない気持ちになる」


内容は様々ですが、過去の失敗や過ち、いさかいなどについて話す人に共通するのは、

「その時に立ち止まったまま」、ということです。


30年以上も前に友人ともめたことを今も忘れない人がいます。

「あの時、相手の言い分をよく聞いていたら・・・」

「あの時、自分に非はなかったのか、よく考えていたら・・・・」

「あの時、もっと話し合っていれば・・・・・」

と、後悔の言葉がしばらく続きます。


(失礼ながら)私は、(率直に申し上げて)

そんな昔のことをいつまでねちねち考えているんだ!

後悔、反省するのはいいけれど、30年以上もそれをやっているのか、

という驚きの方が大きいです。


いつまでも過去にこだわる人は、同じような失敗を繰り返す傾向があるように感じます。

失敗から学んで、次回に活かす、ということが苦手のようです。

心から後悔し、反省したなら、次は必ず失敗しないぞ、という覚悟があればなぁと思います。

この「決め」がないと、終わってしまった「過去」に決着がつけられませんから。


もちろん、反省もせずただ忘れるだけ、というのも困りものですが、

一つずつ区切りをつける生き方の方が、スッキリしてると思いませんか?

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page