top of page
検索

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。


あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか?



ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。


しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。


「あ~~、そうやなあ~~」


男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。


「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」


柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。


少し驚いたような表情でしたが、二度うなづいて話し始めました。



男性は五十代で、ようやく自分の子どもを自立させて、さあこれからは少し自由にと思い始めたところ、八十代の親の介護という問題に直面していました。


小さな声で淡々と、川の流れを見つめながら話してくれました。


「すいまへんな、よう知らんお人につまらん話しして」


「いえいえ、明日は我が身ですから・・」


「ありがとうございました。なんや、話したら少し元気になりましたわ」


彼はよいしょと立ち上がって、ペコリと頭を下げ、川沿いを去っていきました。



書店に行くと中高年に関係するコーナーがあって、たくさん並んでいます。


一冊選んで目次を見ていると、頭の中が洗濯機のようにグルグルしてきました。


ああ、自分もこうなのか、イヤイヤちょっと違うぞ、と心が騒がしくなります。


あの時の男性も、きっとグルグルしていたんだなぁ、と思いました。



「四十になると迷うことがなくなり、五十になれば天から与えられた使命や運命を知る」と先人は言っていました。


しかし、多くの人はあれこれ迷い、なかなか知ることができないのではないでしょうか。


だからこそ、「グルグル」を言葉にして、誰かに話して、頭を整理することが必要なのだと感じます。


話す人は、きき手がいれば、きっと少し元気になれのではないかと思います。


ただきくだけで余分なことを言わなくても、話し手は自分が進む方向に見当がつくのではないでしょうか。


あなたも、気になる方がいたら、声をかけてみませんか?

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

きっかけ

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 もうずいぶん前のこと、 女性が店の商品の配達中、 路上で車を一時停止していた際に うしろから乗用車に追突された。 そんなにスピードが出ていなかったため バンパーがへこんだだけで、 けがはせずに済んだ。 運転していた男性は平謝り。 その後、警察や保険会社と 連絡を取って車を修理。 これで終わると思った時、 「時計の針」は動き出して・・・ 今では二人

bottom of page