top of page
検索

ことばのちから

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

 

今年も残り少なくなってきましたが

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

コーチをしていると

クライアントさんとの

セッションの機会を通して

発する言葉が与える影響を

感じることが多いものです。

 

言葉一つで

やる気がわいてきたり

また時にはネガティブな気持ちになったり。

 

コーチングセッションに限らず

みなさんも日々の会話の中で

ことばのちからを

感じていらっしゃるかと思います。

 

その例として、

 

久しぶりに訪問した先で相手の人から

「ようこそおでかけくださいました」

と言われた人。

 

彼曰く、

「それよりも、

『(私は)あなたに会えて私うれしい』

って言われた時のほうが嬉しかったです」と。

 

彼の場合は、

アイメッセージで伝えられたほうが

嬉しかったということですね。

 

また、あるコーチによれば

何かのやり方に複数の選択肢があって

どれを選ぶか促すときに

クライアントのタイプによって

いろいろな言い方をするそうな。

 

「どのやり方でやりますか?」

「どのやり方だったらやってみたいと思う?」

「どのやり方なら、やってもいいかなと感じる?」

「どのやり方だと、うまくいきそうですかね?」

「どのやり方でやると面白そう?」

 

単刀直入にきかれるのがよい人もいるし

それだと崖っぷちに立たされるような

気分になって、答えが出ない人も。

 

人によって

心に響く言葉はさまざま。

 

臨機応変な言葉の使い分けは

大切ですね。

 

みなさんの周りの方たちが

かけられて元気が出る言葉

苦手な言葉は何でしょうか。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page