top of page
検索

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。


落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか?



「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。


もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。


「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。



いろいろとうまくいかない人から相談されました。


「相談すると、あそこを直せ、ここを直せという人ばかりです」


「そうなんですか」


「今までこれでやってきたのに、全否定されたような感じです」


「なるほど、そう感じたんですね」


「本人は親切に言ってるつもりかもしれないけれど、性格を直せって、私のこと嫌いだと言ってるようなものじゃないですか」


「あなたは、きっと大丈夫ですよ。少し落ち着いて話してください・・・」



現状を変えるために性格などを直す必要がある、という考えはいかがなものかと思います。


「相手のためを思って」のアドバイスって何でしょうか?


目の前の人は、あなたに何を求めているのでしょうか?


立ち直る方法をまったくわからない人なのでしょうか?



太陽と北風の話を思い出します。


一番いいのは、そばにいて温かい言葉をかけ、やさしく見守ることだと感じます。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

高齢者施設を慰問

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 昨年よりコロナ禍のマスク着用が緩和されています。 そんな中でも、病院や高齢者施設は まだまだ厳密に規制されている所もあります。 私が参加している朗読劇サークルでは 規制緩和の動きに合わせて 高齢者施設への慰問が再開されました。 昨年末と今年、3回慰問しました。 朗読劇は声を出す演技なのに フェイスシールドを着けたりマスクをしたりと 本来の力を出しにく

Comments


bottom of page