top of page
検索

どんなことに意識を向けて聞いていますか?

今日の担当は山村です。

コーチングに限らず、相手の話を『聞く』というのはコミュニケーションの基本です。


相手に聞いてもらえていると感じてもらうための具体的なスキルとしては、次のような『聞き方のあいうえお』でご紹介することが多いです。


あ:アイコンタクト

目線において重要なポイントは「そらし過ぎず、合わせすぎない」ことです。

視線を合わせることには、心理的な距離を縮める効果があり、信頼関係を築くことにつながります。


い:(あ)いづち

相づちをうち、相手の話に興味を示し、聴いていることを伝えます。

例)「うんうん」「なるほど」「へえ~」


う:うながし

接続詞を使って話している相手に、よりたくさん話してもらうための方法です。

例)「それで?」「それから?」「他には?」


え:笑顔

人は、怖い顔をしている人に話したくはありません。


お:同じ言葉を繰り返す

相手の言葉を繰り返すことで、自分の言ったことが伝わっているという印象を与えます。

例)A「気分がよくないです」 B「気分がよくないのですね」


その他にも、

相手の話を途中でさえぎらずに最後まで聞く。とか、

沈黙でも相手が何か考えているようだったら待つ。とか、

相手の言ったことを要約したり、言い換えてみる。など

『聞く』にはいろんな手段があります。



これらの方法は聞くスキルとしてとても重要ですが、スキルプラス、私はいつもあることを意識して聞いています。


それは、このお話されている方が

どこへ向かおうとしているのか。

どう変化しようとしているのか。

どう歩みたいと考えているのか。

という、変化に向かう相手の言動がどこにあるか?

ということに意識を向け、集中して聞いています。


例えば、不登校の生徒と話していると、始めのころは

「学校へは行けない。」

「もう無理なんです。」

という後ろ向きな言葉が多いのですが、


じっくり聞いていると

「でも、このままじゃいけないと思うんです。」とか

「どうしたら良いんだろう」

のような、変化に向かおうとしている気持ちがちょっぴり相手の言葉に出てくることがあります。


そういう変化に向かうような言葉を聞き逃さないよう、意識して拾っていく。

「そうかあ。このままじゃ、いけないと思っているんだ~。」

「どうしたら良いんだろうって考えることがあるんだね~。」

のように変化に向かおうとしている、このことを聞き逃さないように、丁寧に拾い上げることを心がけています。


自分のことは自分が一番よくわかっているのです。

相手の中に答えはある。ということです。

だから話している方の、「こうなりたい」をしっかり聞き逃さないように、耳をダンボのように広げ、心の目を見開いて、「聞く」を意識しています。


『聞く』は『聴く』とも書きますが、

傾聴の『聴』は耳+目+心から出来ていることも関係しているかもしれませんね。



あなたは、普段、相手の話のどんなことに意識を向けて聞いていますか?



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page