top of page
検索

ボランティア祭

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

2023年5月8日から新型コロナウイルス感染症が

2類から5類に移行しました。

それに伴い、体温計測・マスク着用・三密回避などの

事項が緩和されました。

また、催し物の再開などが始まりました。

私が所属している朗読劇のボランティア団体

「アクティ工房」でも

昨日5月14日に足立区のボランティアまつりに

参加して、朗読劇を発表させていただきました。

会場の足立区役所には多くの方がお越しになり、

社会協議会などのボランティアさんなどが

多くのお客様をお迎えしていました。

私も、各ブースを見学して回り、

手話の指文字を教えてもらいました。

自分の名前「さとうまさひろ」の表現が

できるようになりました。

特に「佐藤」は「砂糖」に通じることから

口の前で平手を回すことで表現できるそうです。

(甘いことを表わしている?)

私たちの「朗読劇」はメンバーのオリジナル劇で、

介護老人施設での入居者と職員の物語でした。

ラジオドラマ形式で、

台本を読みながらの言葉での演技です。

セリフを覚える必要はないのですが、

動作ではなく、言葉の抑揚で感情を表現します。

何カ月も練習した成果を出すことが出来ました。

メンバーは皆、熟年で私が一番若年でした。

会場のお客様の多さや、

その方々の楽しそうな笑顔を見ると

コロナも一区切りしたと実感できました。

私は、もう一つ荒川区でも朗読劇のサークル

「ほっとは~と」に所属しています。

こちらは6月に発表会をする予定になっています。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

Comments


bottom of page