top of page
検索

前を向いて歩こう♪


3月27日 本日の担当は、川本正秀です。



「あの時‥‥だったら。~~~していれば」


という言い方が癖になっている人はいませんか?




生きていれば、悔やむこともあるでしょう。


しかし、口を開くたびに「たら、れば」を聞かせられると、やっぱりうんざりします。


過去の出来事を悔やみ、今の状況を嘆くばかりでは、人生がもったいないと感じます。


短い一生なのに「たら、れば」思考でいくのは、今の自分を大切にしていないとしか思えません。


自分の失敗などで将来への夢や希望を失ったとしても、そこに執着するのはよくないですよ。



後ろ向きに歩いているから、過去の景色だけが見えるのでしょう。


しかし、自分が今日することや将来に目を向ければ過去は見えません。


「過ぎたことは過ぎたこと」と割り切れば、前を向けるはずです。



人生がうまくいっている人を見て、悔しがったり、いら立つのは、過去で立ち止まっているからかもしれません。


どうぞ、スイッチを入れて、前に進んでください、と申し上げたいですね。



自分にとって一番大事なのは、今この瞬間に生きている自分、なのです。


今日が楽しければ、明日もきっと楽しいでしょう。


だから、今やることは、前を向いて歩きだすことです。


あなたなら、それほどむずかしくないと思います。


春なんだから、気持ちよく、前に向かって歩きませんか?


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page