top of page
検索

大人の知恵

本日の担当は、川本正秀です。



私の知人の息子は、「入社2年目になったけれど、新入社員の配属はなく、相変わらず一番下っ端だ」と嘆いたそうです。


現役でがんばって働く知人たちと話しました。


知人Aは、「今の若者は、言われている話の意味が理解できないのかもしれない」とか「また、そのことを言えずに黙ってしまう傾向がある」


また別の知人Bは、「個人的なことはもちろん、仕事と関わりがないことについては話そうとしないし、『おじさん』と話したがらない」


知人Cは、「そもそも向き合って話すことが苦手だし、タイパなんていうはやり言葉にとらわれ過ぎている気がする」


Aは、「対話も短縮言葉やカタカナ語でさらっと済まそうとしすぎじゃないかな」


B「まあ、ゆっくり話せば普通に話せることもあるから、そう悲観はしないけれど・・」


C「スマホにばかり頼らない体験を増やすことが基本かなあ、とかんじる」


あのTV番組ではないですが、昭和と令和の時代的な違いが影響しているのでしょうか?



コロナなどのために学校生活で友人と十分に対話する機会をもたなかった新入社員たちは、新たな環境でも対話が下手と言われます。


話しかけても、なかなか返答できない。


タイパ重視のため、ノミュニケーションの誘いに乗らずにさっさと帰る。


年配の管理職は、みんな一様にやりにくいと言います。


しかし、それは自分たちが新人だった時も先輩が同じように感じたことではないでしょうか?


自分が体験したことを同じように繰り返すやり方はちょっとちがうのでは、ということです。


いつも、相手に合わせ、受け入れやすい方法を工夫する必要があります。



ある企業では、新入社員の相談相手に入社2年目の社員を担当させたそうです。


部署が違っても、新入社員としての悩みや課題を最も共感できるからでしょうか。


気持ちを打ち明けやすい → 共感して聞いてくれる先輩の体験談は受け入れやすい → 安心できる情報を得て不安が少しやわらぐ


だれもが当たり前のようにしている対話は、実にすごく奥深いものなのです。


自分の体験したやり方が一番、と言う思い込みはだれかの成長をじゃましているかもしれません。


大人としての知恵を発揮すべきは、年長者なのです。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

コメント


bottom of page