top of page
検索

季節の変わり目に

おはようございます。 今朝の担当は、柳原達宏です。 今年の桜の開花予想、 日ごとに早くなっていきますね。 私の住んでいる東京でも、 近所で、もう満開状態の木がありますよ。 冬が寒かった分、暖かくなってくるのも 早い感じがします。 そんな中、外に出ると 暖かそうな冬の装いの方がまだ多い。 先日、総武線に乗った時も、 同じ車両でシャツの袖をまくってるのは 私だけ。 あとはみなさん、コートや、フリース。 私だけ、ちょっと浮いてる感じでした。 季節の移り変わりの中で いつから衣替えをするか。 私は、季節の変わり目では 冬から春に向かう時は早めに薄着に 秋から冬に向かう時はゆっくり厚着に を心掛けています。 これと同時に、 季節の変わり目でしているのは 季節の旬のものをいちはやくいただく。 特に魚に野菜、フルーツですね。 初物はうまいです。 舌が「おひさしぶり!」 っていう感じがします。 私、特に「初物」とか「限定」 という売り文句に弱い! というのもありますが。 季節の食べ物は、その時期にあった 体を整えるのに必要な栄養が 含まれているそうです。 (ちなみに当研究会の川本代表は たけのこが大好き!) そして、季節の花をいちはやく植え楽しむ。 最近は、春の花が店頭に並ぶのが早いので 徒長していない苗を選ぶなら早めがよいです。 これらをまとめると、 季節ごとの気候や、服装、花、食材によって 皮膚で、目で、舌で季節を味わう、 しかもいちはやく!(先取りするような感じ) ということになります。 あとは、寒さに向かう時期には 人と話す機会や時間を多めにしていますね。 心の感じる温かさ、これも重要かと。 自分自身の健康維持ということでは、 年間通じて心掛けていることもありますが 季節を先取りして、季節に身を委ね 今ある一番のものを味わい楽しむ これは自分が快調でいられる 大きな要素ではと感じます。 みなさんは、それぞれの季節を どのように過ごしていらっしゃるでしょうか。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page