top of page
検索

学校に行く意味

今日の担当は山村です。


桜といえば入学式に咲くものというのが関東地域の定番でしたが、最近は開花が早まり、卒業式の桜、になりつつありますね。


2023年度、最初の1週間のスタートです。

様々な制限がなくなり、マスクのない学校生活が始まろうとしています。

約3年間のコロナ禍での学校生活は、分散登校やオンライン授業などが行われ、学校行事の中止や変更、部活動や授業の様々な制約など、私たちに『学校へ行く意味』を考えさせたなあと感じています。


今年卒業した生徒が話してくれました。

「マスクで顔もよくわからない友達もいたけど、やっぱりちゃんと顔を見て話をしたり、同じ教室で授業を受けたり、部活が出来て、ちょっと想像していた高校生活ではなかったけど人と一緒にいるということは楽しいことだと気づきました。」と。


オンライン上のコミュニケーションも楽しいけれど、リアルなコミュニケーションに軍配が上がったということですね。

そんな学校生活を感じさせることができて、その思いを共有出来て、私もホッとしました。


小中学校に通う子どもの数は減少しているのに、不登校の児童生徒数は24万人と過去最高だそうです。

学校現場で子どもたちを迎える者として、子どもたちと共に『学校へ行く意味』を考え、子どもたちにオンラインには無い、『学校生活の価値』を提供できなくてはいけないという思いを強くしています。


そのためにまず教師は、子どもに安心感を与えられるコミュニケーション力を持っていたいですし、共育コーチング研究会でお伝えしているコーチングにはそのヒントがあると思っています。


新年度の準備でお忙しい親御さんたちや、入学やそれぞれの学年に進級して

「どんな担任の先生かな。」

「お友達と一緒のクラスになれるかな。」

「お友達が出来るかな。」

と期待と不安を感じながら入学式や始業式を待っている皆さんもいると思います。


先生方も皆さんと会えることを楽しみにしていますよ。

どうぞ、元気に入学式や始業式に笑顔で登校してくださいね。


あなたの考える『学校へ行く意味』ってどんなことですか?

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

コメント


bottom of page