top of page
検索

年末を控えて

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

11月も終盤になっており、

今年もあと1カ月余りです。

私は今年の目標を2つ立てていたのですが

そのうちの一つ(名刺を作る)は達成できました。

もう一つの「スカイダイビングをする」が残っています。

その他にも来年に向けてやることがいくつかあります。

たとえば、大掃除、年賀状書き、……。

自分一人で考えているだけでは

どんどん後回しにしてしまう可能性があります。

動きを早くするために

誰かに後押ししてもらう方法があります。

あるいは、誰かに話を聞いてもらい

自ら行動に落とし込む方法もあります。

どちらも、相手がいて成り立つこと。

その相手は、家族でも友達でも同僚でも構いません。

でも、あまり身近でない人の方が

言いやすいという面があります。

そのために、コーチや生活倫理相談士が存在します。

幸い、私の周りにはそれらの人が多くいます。

さて、誰に相談しよう。

私が考えたのは、このコラムを読んでいる読者です。

私の困り事(残された課題)を

ここに書くことで、動きを早めようと思います。

つまり、目標の宣言をしていくことです。

今年のうちに

「スカイダイビング」「大掃除」「年賀状書き」

を実践します!

思いを残すことなく来年を迎えたいです。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page