top of page
検索

心の内をことばにすると

本日の担当は、川本正秀です。




「ずいぶん悩んでいたけれど、話してみたら心のもやが晴れました」と語った相談者がいます。


何とか自分一人で問題を解決しようと苦しんできた方です。


自分の心の中にある悩みを、ことばにすることで答えが見えたということです。




最近は、答えだけを求める人が多いなあ、と感じます。


「こういう悩みがあるのですが、どうしたらいいですか?」というように尋ねる方がいます。


「こういう場合は、どうしたらいいですか?」と質問する方もいます。


みなさん、正解を求めてこられますが、答えはどこにあるのでしょうか?




内容を聞いてから相談者に、「ここをもう少し詳しく話してください」といくつかリクエストします。


ハッキリしないところは、さらに明確に説明するように求めます。


すると相手は、私にわかるように説明しようといろいろ考えるので、自然と頭の中が整理されます。


そして、しばらく話していると「そうか!わかった!」という顔をします。




真面目な方に多いのですが、一人で悶々と考えていても解決しないときは、だれかに話した方が答えに早くたどり着けることが多いのです。


一人で悩むのはやめましょう。


病気になりかねません。


まわりのだれか、信頼できる人に相談してみましょう。


(もちろん、あなた自身も信頼される人でなければいけませんよ)


しかし、まわりに話せる人がいない、という時は、「対話のじかん」に参加してはいかがですか?


多くの場合、答えはあなたの中にあるのですから、見つけるお手伝いができると思います。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page