top of page
検索

心の内をことばにすると

本日の担当は、川本正秀です。




「ずいぶん悩んでいたけれど、話してみたら心のもやが晴れました」と語った相談者がいます。


何とか自分一人で問題を解決しようと苦しんできた方です。


自分の心の中にある悩みを、ことばにすることで答えが見えたということです。




最近は、答えだけを求める人が多いなあ、と感じます。


「こういう悩みがあるのですが、どうしたらいいですか?」というように尋ねる方がいます。


「こういう場合は、どうしたらいいですか?」と質問する方もいます。


みなさん、正解を求めてこられますが、答えはどこにあるのでしょうか?




内容を聞いてから相談者に、「ここをもう少し詳しく話してください」といくつかリクエストします。


ハッキリしないところは、さらに明確に説明するように求めます。


すると相手は、私にわかるように説明しようといろいろ考えるので、自然と頭の中が整理されます。


そして、しばらく話していると「そうか!わかった!」という顔をします。




真面目な方に多いのですが、一人で悶々と考えていても解決しないときは、だれかに話した方が答えに早くたどり着けることが多いのです。


一人で悩むのはやめましょう。


病気になりかねません。


まわりのだれか、信頼できる人に相談してみましょう。


(もちろん、あなた自身も信頼される人でなければいけませんよ)


しかし、まわりに話せる人がいない、という時は、「対話のじかん」に参加してはいかがですか?


多くの場合、答えはあなたの中にあるのですから、見つけるお手伝いができると思います。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page