top of page
検索

映画「共に生きる」

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。


先日、池袋のロサ会館という映画館で

「共の生きる 書家 金澤翔子」を見ました。


ダウン症である金澤翔子さんが

母:泰子さんを師として書道を始め、

書家として大成するまでの歩みを

記録したドキュメンタリー映画です。


今までにも様々なメディアで

紹介されていますので

ご存じの方も多いと思います。


6月2日から全国公開されていますが、

限られた映画館での上映です。

現在は神奈川県の「シネマ・ジャック&ベティ」、

「あつぎのえいがかんkiki」

で見ることができるようです。


ダウン症のお子さんを持つ母親の悩みや

葛藤など赤裸々に表現されています。


子育ての参考になると思いますので

多くの方のご覧になっていただきたいです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Σχόλια


bottom of page