top of page
検索

生活倫理相談士

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

 

昨年4月のコラムで紹介しました

家庭倫理の会の生活倫理相談士の試験に

昨年末合格し、この1月に認定証をいただきました。

 

認定式のときに認定講座があり、

相談士の心構えなどの説明がありました。

以前のコラムでも紹介しましたが、

生活倫理相談士の行うことは

「コーチ」が行う傾聴を中心にして「指導」ではなく、

相手に気づいてもらう「相談」です。

 

これから、相談士として来談者の悩みを聴き

解決に向けて一緒に考えていくわけですが

「最初から上手くいくとは考えないでください」

と言われました。

相談を受ける資格が手に入っただけですので

相談に適切に対応できるとは限らない。

これは車の免許証を手に入れたが

それだけで運転が上手くなるわけではないことと

同じだと言うのです。

この説明には納得させられました。

 

つまり、これから学びを深め

来談者の話をよく聴き続けることが大切だというわけです。

 

コーチングでのコーチは

「答えは相手が持っている」を忘れずに

常に「コーチング」を受けること

つまり、学び続けることが重視されました。

 

私の相談士生活はこれから始まりますが、

資格が取れたことに満足することなく

学びと傾聴を続けていくことに専念いたします。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page