top of page
検索

生活倫理相談士

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

 

昨年4月のコラムで紹介しました

家庭倫理の会の生活倫理相談士の試験に

昨年末合格し、この1月に認定証をいただきました。

 

認定式のときに認定講座があり、

相談士の心構えなどの説明がありました。

以前のコラムでも紹介しましたが、

生活倫理相談士の行うことは

「コーチ」が行う傾聴を中心にして「指導」ではなく、

相手に気づいてもらう「相談」です。

 

これから、相談士として来談者の悩みを聴き

解決に向けて一緒に考えていくわけですが

「最初から上手くいくとは考えないでください」

と言われました。

相談を受ける資格が手に入っただけですので

相談に適切に対応できるとは限らない。

これは車の免許証を手に入れたが

それだけで運転が上手くなるわけではないことと

同じだと言うのです。

この説明には納得させられました。

 

つまり、これから学びを深め

来談者の話をよく聴き続けることが大切だというわけです。

 

コーチングでのコーチは

「答えは相手が持っている」を忘れずに

常に「コーチング」を受けること

つまり、学び続けることが重視されました。

 

私の相談士生活はこれから始まりますが、

資格が取れたことに満足することなく

学びと傾聴を続けていくことに専念いたします。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page