top of page
検索

生活倫理相談士養成講座

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

私が所属している家庭倫理の会では

生活上の苦難(悩み、問題、トラブル等)を抱えている人が、

みずからの力(自覚と実践)によって

その苦難を解決していくと共に、

苦難を契機に一層充実した人生を送れるよう、

純粋倫理を基盤に、一対一を基本とした

パーソナルな面談形式でサポート(支持・助力)する営みを

生活倫理相談と呼んでいます。

その相談を受ける人を生活倫理相談士と称します。

先日、縁があって、生活倫理相談士を養成する講座を

受けることができました。

生活倫理相談の基本は以下の通りです。

1.非指示的に対応

  苦難を抱えた来談者の話を清聴し

  非指示的に対応することを基本とします。

  非指示的とは「○○しなければなりません」とか

  「△△を実践するように」と、

  相手の心持ちや行動を指示することはしません

  パーソナルな面談形式をとりつつ、

  来談者の話を聴くことを第一として、

  非指示的な言葉を交わしながら、

  相手自身が気づきを得て、

  主体的に実践することをサポートします

2.一般の相談との違い

  来談者は「生活倫理相談を受けたい」と願い出て、

  資格を有する相談士がそれを受け止めて

  応じるとき、生活倫理相談が成り立ちます。

3.生活倫理相談に要する時間は

  最長でも60分を目安とする。

この他にも、学ぶべきことはたくさんあるのですが

上記のことは、大まかに言って

「コーチング」とそっくりでした。

私がこの、純粋倫理を学び続けていることは

「コーチング」と通じる面がたくさんあったからだと

改めて自覚することができました。

生活倫理相談士になるためには

資格認定審査に合格する必要があります。

今年の9月に書類審査

10月に筆記試験

11月に面接試験があります。

久しぶりの資格審査に向けて

しっかりと学んでいこうと決意しました。

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page