top of page
検索

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。



Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。


だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。


しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。


親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。



子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。


冷静に考えれば、人は転ぶこともある、失敗することもある、と考える方が自然です。


あなたは、子どもの時転んだことはありますか?


どうやって立ち上がったか覚えていますか?



立ち上がることを覚えるためには、実際に転んでみる体験が必要です。


「助けがなくても自分で立ち上がれる」という自信がつけば、歩くことが怖くなくなります。


何度も転べば、そのたびに立ち上がり方が上手になります。


それは、大けがを予防することになるかもしれません。


失敗も、大切な何かを学ぶきっかけになるかもしれません。



「私は転ぶことを恐れない」「失敗しても立ち上がれる自信がある」という体験が、人生を支えてくれるのじゃないかなあ、と思います。


手をかけることと手をかけすぎることは、大きくちがいます。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

Comments


bottom of page