top of page
検索

自分と対話する

暑くなってきましたね。

本日の担当は、川本正秀です。



相談者と面談する機会が増えています。


しかし、話しながら少し違和感を感じることが続きました。



それは、「コロナの影響で人と関わることが難しいと感じている」という意味の発言です。


どうも、人とうまくいかない理由は「外にある」、と思い込んでいるようなのです。


コロナが、リモートワークが、マスクが、・・・・などの言葉が連なります。


「では、コロナの影響がまったくなかったら、今どうなっていると思いますか?」

と尋ねてみると、


「現実にコロナが約3年続いたわけだから、想像できません」


というような、判で押したような答えが返ってきました。



「では、あなたが人と関わることに困難を感じるのはすべてコロナのせいで、あなた自身の課題はない、ということですか?」


と、ここで強めにツッコミを入れてみます。


「うーん、そうですねえ・・・・。少しはあるかなと思います」


「たとえば?」(としつこく尋ね、黙って待ちます)


「会社員ですから、しっかり働かなければいけないと思っても、会議もリモートだとつい身が入らない時があるとか・・・」


「なるほど、そうですよね。ところで、あなたは一人の時、どんなことを考えていますか?」


「一人の時ですか?」


「ええ、リモート会議など仕事以外でも、インターネットなどに常時接続していて、いつでもだれとでもコミュニケーションが取れると思います。確かに便利ですが、自分とは対話するのかなと少し」気になりました」


「なるほど。外とはできている対話を自分とはどうか、ということですね?」


「はい。『自分は今何がしたいのか?』とか、『どんな生き方をしたいんだろうか?』のような、自分の内側に向けた問いかけです」


「そうですねぇ・・・・・」



最近、私の問いかけが少々強いかな、と感じないでもないのですが、自分の直感を信じて、素直に尋ねるようにしています。


必ず相手の方のために問いかけます。


何人かの方は、問いかけを通じて改めて自分のことを深く考える機会になった、とおっしゃいました。


思いもかけない問いかけに少し動揺した、と感想を述べられた方もいました。


脅かすつもりも、自分の考えを押し付ける気もありません。


コーチとしてひらめいた素朴な想いを、伝わるような言葉にして問いかけるように心がけているだけです。


満足感のある人生は、自らを考えるための自分との対話ぬきには手に入らない、と感じるからです。


あなたは最近、自分と対話していますか? <ご本人の了解を得て、要点をまとめました>

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

Comentarios


bottom of page