top of page
検索

自己主張過多

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

先日、人格教育プログラムの

NPOのメンバーと

Zoomでゆっくり

お話しする機会がありました。

その中で、現在のSNS等での

いろいろな情報発信の話になり

私たちの周りには情報があふれて

いることを確認しました。

まさに、「情報過多」。

そして、

何が起きているか・いたか

ということよりも

それについて感じたこと、思うこと

それが圧倒的に多い。

しかも匿名だったりすると、

もう好き勝手に言いたい放題。

結果としては情報過多で

その原因は「自己主張過多」

ともいえるでしょう。

人によっては、

自分の発した意見に対して

攻撃するかのような言い方に

傷ついてしまったり、

自信を無くしたりということもある。

誰でも思いを伝えたいし、

受け止めてほしいし、

自分を理解してほしいと思う。

けれども、そのための適切なやり方を

学ばないで

ただ思いに任せて発言していると

どうでしょう。

言葉のやり取りが、

心に橋を架ける代わりに

攻撃によるただのストレス発散に

なっていないか心配です。

歌人で劇作家の故寺山修司氏は

1970年代に『歴史の上のサーカス』

次のように書いているそうです。

私は、現代人が失いかけているのは

「話しあい」などではなくて、

むしろ「黙りあい」だと思っている。

この言葉が発せられてから、

もうすぐ50年!?

その意味するところを

深く考えてみたいと思います。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page