top of page
検索

運命は自らまねき、境遇は自らつくる

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

 

1月に生活倫理相談士の認定を受けて以来

小1時間のお話をする機会が数回ありました。

表題にあるテーマでお話ししています。

 

表題の主旨は

「運命はあらかじめ決まっているのではなく

本人が心に決めた通りに境遇の方が変わる」です。

 

私の経験を踏まえてお話ししました。

例えば仕事上で不本意な異動があった時に

やりたくないという気持ちを引きずって

仕事をするのか。

それとも、気持ちを切り替えて

新たな目標ややりがいを見つけて仕事をするのか。

この2つの対応は全く違った結果が現れます。

後者の方が良いと言うことは

皆さんもお分かりのことと思います。

 

しかし、当事者になった場合、

ついつい自分の沈んだ気持ちを優先してしまうのが

人間の弱さです。

「強い心を持って心を切り替えましょう」というのは

簡単ですが、すぐにできる人は多くありません。

 

そこで、対処法として人に頼るというのはどうでしょう。

一人で抱え込まずに、信頼できる周りの方に相談するのです。

家族でも友人でも同僚でもいいですから

気持ちを打ち明け、不安や不満を出し尽くしてから

次の心持ちや行動を考えていくのです。

できれば、自分が前向きになれるような

相談者を選べればいいですね。

コーチや生活倫理相談士がそばにいれば

是非お話ししてみてください。

ただし、すべてを指示してはくれません。

自分で(自ら)考えて決めていくのです。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立てる力

おはようございます。 今日の担当は,柳原達宏です。 先日,久しぶりに 赤ちゃんのいるご家族と ご一緒する機会がありました。 今,つかまり立ちのお稽古中だそう。 「歩き始めると,今度はもっと 目が離せないですね」 と言いながら, ご両親はうれしそうに その様子を話してくださいました。 みなさんは, 生まれて初めて自分の足で立った その時のことを覚えていますか。 覚えてるなんて言う人は そういないとは

「想定外」が成長のもと

本日の担当は、川本正秀です。 4月入社後、すぐに退職する新入社員が話題になっていました。 せっかく入った会社が、「ブラック企業」だった、と言う人ばかりではないはずですが。 私が大学4年だった1970年代は10月1日が就職解禁日で、有名企業の受付に並びました。 大学院進学を考えていたので、「記念面接」を体験しに行ったという感じでした。 最終面接まで残った企業もありましたが、大学入試同様にすごい競争状

怒ると叱るの違い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 今回はちょっと恥ずかしいお話です。 先日、朝のZOOM勉強会5:30~6:00を終えて ウオーキングに出かけました。 スマホを見ながら最寄り駅のそばを歩いていると 突然大きな声を浴びせられました。 「足立区では歩きスマホは禁止! いい年してるのにしっかりしろ!」 画面に目を向けていた私が 顔を上げて声のする方を見ると ボランティアで駅周辺を掃除してい

Comments


bottom of page