top of page
検索

高齢者施設を慰問

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。


昨年よりコロナ禍のマスク着用が緩和されています。

そんな中でも、病院や高齢者施設は

まだまだ厳密に規制されている所もあります。


私が参加している朗読劇サークルでは

規制緩和の動きに合わせて

高齢者施設への慰問が再開されました。

昨年末と今年、3回慰問しました。


朗読劇は声を出す演技なのに

フェイスシールドを着けたりマスクをしたりと

本来の力を出しにくい状況です。

それでも、慰問先では

入所者の笑顔を見ることができました。

私たちは、自分たちの演技や表現が

見る方々への楽しみになってもらえば嬉しいです。


先日慰問した施設でこんなことがありました。

朗読劇を終えて、仲間と片付けをしている控室に

入所者の一人がお礼を言いに来てくれました。


その方は、まだ入所してから日が浅く、

子どもから半強制的に入所を勧められたようで

「まだまだ私は元気ヨ」をアピールしてくれました。


実際、演技中の反応が一番大きく、

一緒に歌ったり、大きくうなずいたり、

笑っていたりしてくれました。


そして、いかに感動したかお話してくれました。

施設に入ると、

すべての行動が受動的になってしまうことや

子ども扱いされることに不満があるようです。


自分の感動したことや、やりたいことを

表現したり、要求したりすることは

生きる活力になると思いました。


高齢者だけでなく、

子どもや障害のある方にも

表現する(話をする)機会が大切だと思います。


周りの方々の「話をしたい」という要望を

抑え込まずに受け止める姿勢を続けたいです。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comentarios


bottom of page