top of page
検索

2024年私の一字

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。


新しい年を迎え、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

元旦から、大きな地震、

そして航空機事故など

困難に直面されている方々の

心の平安をお祈りいたします。


さて、年初には

この1年の自分を表す一字を決めております。

2024年、私は「援」を選びました。

 

病気療養中の方、

仕事で難しい局面を迎えている方、

家族や友人との関係に悩む方、

別れを経験した方、

そうした方たちが悩み苦しみながらも

自分の力で明日に向かって進めるよう

必要に応じて手を差しのべる。

 

今年はそういう年にしたいと決めました。


「援」の字からは、

支援・応援・援助・声援

といった言葉が思い浮かびます。

 

かつて自分が厳しい状況に置かれた時に

手を差し伸べてくださった方々のことを

思い出しながら

今度は私が私なりのやり方で

相手の方の力を信じ

手を差しのべる、声をかける。

 

時間を共にし

相手の話しに耳を傾け

相手の方と100%ともにいる。

これも「援」の一つと感じます。

 

「援」という字の後ろには

祈りがあると思います。


みなさんの今年の一字、

さて、どの字をお選びになりますか?

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page