top of page
検索

2024年私の一字

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。


新しい年を迎え、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

元旦から、大きな地震、

そして航空機事故など

困難に直面されている方々の

心の平安をお祈りいたします。


さて、年初には

この1年の自分を表す一字を決めております。

2024年、私は「援」を選びました。

 

病気療養中の方、

仕事で難しい局面を迎えている方、

家族や友人との関係に悩む方、

別れを経験した方、

そうした方たちが悩み苦しみながらも

自分の力で明日に向かって進めるよう

必要に応じて手を差しのべる。

 

今年はそういう年にしたいと決めました。


「援」の字からは、

支援・応援・援助・声援

といった言葉が思い浮かびます。

 

かつて自分が厳しい状況に置かれた時に

手を差し伸べてくださった方々のことを

思い出しながら

今度は私が私なりのやり方で

相手の方の力を信じ

手を差しのべる、声をかける。

 

時間を共にし

相手の話しに耳を傾け

相手の方と100%ともにいる。

これも「援」の一つと感じます。

 

「援」という字の後ろには

祈りがあると思います。


みなさんの今年の一字、

さて、どの字をお選びになりますか?

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page