top of page
検索

きっかけ

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

 

もうずいぶん前のこと、

女性が店の商品の配達中、

路上で車を一時停止していた際に

うしろから乗用車に追突された。

 

そんなにスピードが出ていなかったため

バンパーがへこんだだけで、

けがはせずに済んだ。

運転していた男性は平謝り。

 

その後、警察や保険会社と

連絡を取って車を修理。

 

これで終わると思った時、

「時計の針」は動き出して・・・

 

今では二人は夫婦。

これ、私の従姉の話です。

 

人生、自分の身に起こることが

どのように展開していくのか

わからないものです。

 

今の自分があるのは、

さまざまな出来事や

経験のおかげと思いますが

それは何がきっかけだったでしょうか。

 

私のことで言うならば、

自分に起こる出来事もそうですが

両親をはじめ、兄弟や親戚、

中学生の時の塾の先生や

高校生の時の担任の先生、

郷土芸能保存会の方たちなど、

人との出会いが、多くの場合、

私にとってのきっかけだったと思います。

 

人との出会いによって

出来事が起き

自分が何かに気がついたり

心に灯がともる。

 

行動が起きて、その先で

また新たな出会いと出来事を経験する。

 

その繰り返しでしょうか。

 

このコラムをお読みいただいているみなさまも

同様の経験をされていることでしょう。

そして、そのプロセスで

自然と「自分磨き」をされていることでしょう。

 

もう2月になりましたが

今年はまだ始まったばかり。

 

ご自身がわくわくし毎日を楽しむために

すすんで「きっかけ作り」を

してみてはいかがでしょう。

 

自分が誰かの、何かの

きっかけになるかもしれない

その喜びと責任を感じながら。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comments


bottom of page