top of page
検索

友達って

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

先日、PRESIDENT Onlineで、

次のような記事に出合いました。

友人は何人いれば十分なのか…

ハーバードの研究が明らかにした

「幸せな人生」のために必要な友人の数 ご興味のある方は、以下からご覧ください。

https://president.jp/articles/-/75711

必要な友人の数は人それぞれで違う

から始まって、

友人関係の維持や友人との付き合い方

高齢になってからできた友人

いくつになっても友人をつくることはできる

まで、

年齢性別を問わず役に立ちそうなことが

書かれています。


私がこの記事の標題が目にとまったその理由は

Facebookで非常に多くの「友達」がいる人が

「友達」の数を増やすことに一生懸命で

それでも「一人ぼっちで寂しい」と言っているのを

知っているからです。

ネットワークを構成するというところで

「友達」と呼んではいるけれども、

親しく交わるというのは

なかなか難しいのかもしれません。



相手を「友達」と呼び

自分が「友達」と呼ばれるのに必要なのは

信頼性の高さ(この人は大丈夫と思ってもらえる)と

自己開示ができるかどうか

でしょうか。

ひとくちに「友達」といっても

いろいろな関係性の友達がいます。

人生の贈り物~他に望むものはない

(作詞:楊姫銀 作曲:さだまさし)

https://www.youtube.com/watch?v=Aazv-tYJq51

(ピアノとうた:沢 知恵さん×Photo:平賀正明さん)

という曲の歌詞の中にこんな一節があります。

そして言葉も要らない友に なってゆくのだろう

迷った分だけ 深く慈しみ

並んで座って沈む夕日を一緒に眺めてくれる

友が居れば 他に望むものはない

この一節は私の心情にぴったりなものです。

みなさんにとって

「友達」はどのような存在でしょうか。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Komentáře


bottom of page