top of page
検索

心配性?

本日の担当は、川本正秀です。


新年から、自然災害、事故、火災など災厄がつづきました。

亡くなった方、被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。



なんとかコロナ禍のトンネルを抜けたと思ったのに試練はつづき、不安感を抱いている方も多いと思います。

だれもが少なからず「心配性」になっているかもしれません。

しかし、心配するだけで何も行動しないと、ああすればよかった、と後悔ばかりが浮かんで、ますます

身動きがとれなくなります。


過去をやり直すことができないように、目に見えないような力が働いた結果を自分の都合に合わせてリセットすることはできません。

目の前の事実を「現状はこうだ」としっかり認識して受け入れ、その中で自分に何ができるかを考える、そういうとらえ方が重要だと思います。



また、「心配性」であることは、悪いことばかりではないと思います。

心配性だから、危機が起こらないように準備したり、万が一の対応策を考えたりする危機管理能力が高い方もいるでしょう。

未来を心配するだけではいいことはありませんが、「心配だから今やれるだけのことをやっておこう」という考え方をできれば、違ってきます。

「このままでいいのか」と心配する気持ちがあれば、「現在」を少しでも変えるように行動できます。

そうすれば、心配していた未来への見通しも、少し明るくなるかもしれません。



「心配事の8割は起こらない」と言われています。

事実なら、どうしようもない心配事というのは、ほんのわずかにすぎないと考えられます。

私の経験からも、過ぎ去ってみれば「心配しすぎたかな」と思うことが多かったかもしれないなぁと感じます。

もし「心配性」が強くなったら、「先のことをどんなに心配しても、明日は必ずやってくるし去っていくものだ」と思ってください。

過去は変えられず、未来はだれにもわからないものなのです。


「自分は心配性かなぁ」と思ったら、すこし立ち止まって、落ち着いて考えてみてはどうでしょうか。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Comentarios


bottom of page