top of page
検索

心配性?

本日の担当は、川本正秀です。


新年から、自然災害、事故、火災など災厄がつづきました。

亡くなった方、被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。



なんとかコロナ禍のトンネルを抜けたと思ったのに試練はつづき、不安感を抱いている方も多いと思います。

だれもが少なからず「心配性」になっているかもしれません。

しかし、心配するだけで何も行動しないと、ああすればよかった、と後悔ばかりが浮かんで、ますます

身動きがとれなくなります。


過去をやり直すことができないように、目に見えないような力が働いた結果を自分の都合に合わせてリセットすることはできません。

目の前の事実を「現状はこうだ」としっかり認識して受け入れ、その中で自分に何ができるかを考える、そういうとらえ方が重要だと思います。



また、「心配性」であることは、悪いことばかりではないと思います。

心配性だから、危機が起こらないように準備したり、万が一の対応策を考えたりする危機管理能力が高い方もいるでしょう。

未来を心配するだけではいいことはありませんが、「心配だから今やれるだけのことをやっておこう」という考え方をできれば、違ってきます。

「このままでいいのか」と心配する気持ちがあれば、「現在」を少しでも変えるように行動できます。

そうすれば、心配していた未来への見通しも、少し明るくなるかもしれません。



「心配事の8割は起こらない」と言われています。

事実なら、どうしようもない心配事というのは、ほんのわずかにすぎないと考えられます。

私の経験からも、過ぎ去ってみれば「心配しすぎたかな」と思うことが多かったかもしれないなぁと感じます。

もし「心配性」が強くなったら、「先のことをどんなに心配しても、明日は必ずやってくるし去っていくものだ」と思ってください。

過去は変えられず、未来はだれにもわからないものなのです。


「自分は心配性かなぁ」と思ったら、すこし立ち止まって、落ち着いて考えてみてはどうでしょうか。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page