top of page
検索

ゆとり

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

先日、親しくしている

北海道在住の方と

お話しする機会がありました。

その方によれば、

日頃出かけるにも

一人に1台の車が必要な状況で、

そのガソリン代や維持費、税金など

かなりの支出になるとのこと。

さらに北海道は冬の間の光熱費が

ずいぶんかかるそうで(でしょうね!)

退職後の毎日を過ごすのに

かなりの負担となっているようでした。

このところの物価高騰が

それに拍車をかけているようです。

「ゆとりのある暮らし」で検索すると

そこに出てくるのはほとんどが「お金」の話。

たしかに、上記のような費用以外にも

食料・住居・雑貨・被服・医療・

通信・教育・娯楽・交際などなど

何をするにもお金がかかります。

特に老後の「それ」は、

切実な問題だと感じます。

私の知人で、年金収入だけで

生活している方がいらっしゃいます。

住まいが物価の高い東京なのですが

無駄な出費のないように心がけて

元気でお過ごしです。

その彼にとってのゆとりというのは

お金よりも健康や気持ち。

暴飲暴食を控え、

体に良いものを食べ、

時間を共にする家族や友人

話し相手がいる。

日々歩くことを心掛け、体調は万全。

いろいろなことに興味関心があるので

話題が豊富。

よって、人間関係良好。

内なるゆとりとでもいうのでしょうか

経済的にそこそこ満たされていて

あとは健康と心のゆとりを

大切にする。

みなさんの生活における

「ゆとり」はどのくらいありますか。

まずは心のゆとりが生まれるように

コミュニケーションから、いかがでしょ?

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page