top of page
検索

手の中の画面が大事?

今日の担当は山村です。


最近目立って増えているオンラインゲーム、インターネットやSNSなどの利用時間。

コロナ禍をきっかけに遊びの主流がオンラインゲームとなり、ゲーム依存気味の子どもが増加していると感じています。

また、TwitterやLINE、InstagramなどのSNSなど、ネットを介した人とのコミュニケーションも増加。

学校でも子どもたちにタブレットが配布され、便利な面もありますが、いろいろな課題も出てきています。


令和3年度の文科省の調査によると小中学生の不登校は24万人を超えています。

次の調査では30万人を超えるのではと言われているぐらい、今、不登校は増加しています。

この不登校増加の一つの要因にゲーム障害があるのではないかと私は考えています。


WHO(世界保健機構)が作成しているICD-11(国際疾病分類第11版)では、ゲームをやりすぎておこる病気として「ゲーム障害」が正式な病気に認定されています。

ゲーム障害は、普段の生活に支障がでるほどゲームにのめりこんでいる状態を意味します。


例えば…

ゲームの開始や終了時間をコントロール出来ない

他の生活上の関心ごとや日常生活の他のことよりゲームを優先する

ゲームにより健康を害する問題があるにも関わらず、ゲームを続ける

ゲームをやりすぎて日常生活(家族や学校など)に問題が出ている

こうした状況が続いている場合に診断されています。


ゲーム障害は基本的にアルコールやギャンブルと同じ依存症の一つで、自分の意思だけでは依存から抜け出すのが難しく、病院での相談、治療が必要になります。


ゲームやインターネットをやりすぎていると感じたら、または周囲からやりすぎていると指摘されたら、出来ることとして、次のようなことがあります。


自分の利用時間を書き出すなどして記録する。

やっていい時間とよくない時間のルールを家族と決める。

まずは、1時間減らすところから。その1時間で別の何をするのか決めてやってみる。

など、自分の利用の状況を客観的に把握して、家族と一緒にルールを作り、取り組むことが大切です。

家族と一緒に取り組んでも改善されなかったら、学校の先生やスクールカウンセラーなど周囲の人に相談してみてください。


今日、ゲームやスマホを手にする前に、こう考えてみてください。


今、自分と一緒にいる人より

手の中の画面が大事かどうか?


あなたは、一日どのくらいの時間、スマートフォンやパソコン、タブレットを使っているでしょう?


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。 あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。 心配がない、手がかからない、と思っていませんか? たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。 ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。 中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりつい

ジェンダー平等

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 男性と女性は持っている特性が違うので それぞれの特性を活かして生活すればいい これが、私のジェンダー観です。 男女で差別するのではなく 一人の人間として、持ち味を活かして くれればいいと思います。 男性であっても家事や子育てが得意な方、 女性であっても力仕事や組織統制が得意な方、 やりたい事の区別や差別せずに それぞれの特性と活かせばいいと思います。

大人は子どもに観られている

本日の担当は、川本正秀です。 スマホやPCなどに毎日たくさんの情報が流れてきますね。 そのうち何%くらいが本当に役に立つのでしょうか? ある方から質問を受けました。 「子どもの習いごとは何歳から始めたらいいでしょうか?」 「たしか、6歳の6月6日に習い事を始めると上達が早い、と昔の人は言っていたと思います」 「どうしてでしょうか?」 「伝統芸能の世界では、数えで7歳前にけいこを始めるのがよい、と書

Commenti


bottom of page