top of page
検索

「普通でいい子」をちゃんと認める

本日の担当は、川本正秀です。




あなたのまわりに、普通にいい子っていますよね。


心配がない、手がかからない、と思っていませんか?




たとえば、花壇の花は育ちの速いもの、なかなか大きくならないもの、とそれぞれ成長が違います。


ひところ、「みんな違ってみんないい」と言いながら、子どもに関しては十分な個別対応できていないケースが多いようです。



中学生ぐらいになると、ママがオフクロに変わり、以前はまとわりついていたのに一緒に歩くのを嫌がります。


親に守られる存在から抜け出そうとして、反抗、拒否しながら親離れして、大人に近づきます。


親子の関係が、1体1の対等な関係になるために、反抗などは自立のための必須なコースとも言えます。


あなたも身に覚えがあるかもしれませんね。




「うちの子は、いい子なんです。親の言うことや期待も理解しているし、がんばってもいます。だから、叱ったことは一度もないんです」


相談にみえた母親は、子どもが突然キレたことを信じられない、と話しました。


「A君は、何かやりたいことがあるというような話をしましたか?」


「以前は、鉄道が好きで、将来は電車の仕事がしたいと言ってましたけれど、これからはAIの時代ですからねぇ・・」


「夫も、これからはロボットとか、AI関係の仕事がいいとよく話しています」


「男の子だし、一人っ子なので、私たちも毎日、理工系に入ることを応援しているんです」



しかし、いい子であるA君は、母親の一言にキレたそうです


「がんばっていたので、お茶をもっていくとゲームをしていました。『あら、ゲームしてたの・・』と言ったら、一言も口をきかず、私をにらんで追い出したんです」


その後は、見たことのないような反抗的な態度が続いているそうです。


「あ~あ、わかっちゃいないね」


と、母親のことではなく、その時のA君の気持ちを考えてしまいました。




大人もそうですが、いい子ほど、真面目な人ほど、期待に応えようと無理をしがちです。


そこへさらに期待をかけられると、プレッシャーが高まってある点で爆発してしまいます。


また、普通の子、いい子は、そういう存在であることを強いられた子どもとも言えます。


だから、本当はしたいことがあっても、自己を押し殺して、心の中はイライラしていることもあるはずです。



賢い親は、自分を子どもの立場に立って、理性的に考えられます。


責めるような言葉でなく、大らかで、相手を認める言葉、この場合なら、


「疲れたときは休憩が必要ね」


の一言が欲しかったなあ、と思います。



「その時のA君なら、どう言ってほしかったと思いますか?」


「ゲームもいいけど、勉強も頑張ってね!ですか?・・・」


親も子どもとともに成長しないといけませんね。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分から人を好きになる

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、自分のことが好きですか? 「自分のことが好きじゃないし、人を好きになるのも怖いんです」 相談に来たSさんは、椅子に座るとすぐにこう言いました。 「(いきなり来たな・・・)今日話したいことは、そういうことですか?」 「はい。会社に入って2か月以上になるのに友達ができなくて・・・」 「そうなんですね。『自分のことが好きじゃない』というのは、どういうことですか?」

学びは何のため?

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 私は戦後も戦後、 まったく戦争の影響を受けない時代に生まれ 高度経済成長期に子ども時代でした。 また、バブル経済真っ只中に 学生時代を過ごしました。 非常に恵まれた環境の中で育ち、 好きな勉強を続けて その道で仕事にも就きました。 仕事の延長で「コーチング」に出会い 「チーチング」の幅を広げる学びだと 気付かされました。 それに気付いて学び始め 学び

いい人と思われたい

本日の担当は、川本正秀です。 人に嫌われたくない、認められたいという気持ちの強い人は、「NOが言えない人」であることが多いようです。 だから、八方美人的と言うか、何でも引き受けて、無理を重ねて疲れてしまうかできずに迷惑をかけがちです。 結局、本質的にいい人なんですよね。 しかし、いつもいい人でいようと無理をするから、何か頼まれると断れない人でもあります。 職場などには、こういう感じの人がけっこう多

Comments


bottom of page