top of page
検索

「話させ上手」になろう

本日の担当は、川本正秀です。



「付き合う男性に求めるものは何?」と女性に尋ねると、「おもしろい話ができる人」が上位に来るそうです。


あなたもそうですか?


確かに、話がおもしろい人は、一緒にいて楽しいですよね。




以前相談に来られた男性で、「どうしてもおもしろい話ができない」と悩んでいる方がいました。


「デートの時、一番気をつけていることはなんですか?」


「相手が喜ぶ完璧な計画を立てて、実行することです」


「なるほど・・・」


あとにつづく、それじゃあなかなかむずかしいでしょうね、という言葉をぐっと飲み込みました。



女性の一番のストレス解消は、おしゃべりとショッピングと言われています


話がおもしろい人が理想なのに、実際は、圧倒的に女性の方が話していると思います。


だから、彼女が望む状態を作り出すことが大切!ということです。



だからと言って、男性は「へえそうなの。それで?」とあいづちを打っているだけではいけません。


その話題がひとしきり終わったら、「ところで‥」と話題を変えて、また聴き役になります。


もちろん、「なるほど、そうなのか」「それはすごいなあ」と笑顔で合いの手を入れます。



彼女の「話したい」という欲求を満たすためには、ただの聞き上手でなく、「話させ上手」になってほしいですね。


話がおもしろいだけの人なら、落語などを聞いているのと同じです。


特に、話してスッキリしたいという人には、あまり興味のない話を聞かされてもうっとうしいだけかもしれませんね。


カラオケと同じで、歌いたい人にはどんどん歌ってもらおう、という気づかいが必要です。


どんなすばらしい景色やディナーよりも、相手の心は満たされることでしょう。


どうぞ、あなたも試してください。



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page