top of page
検索

あなたがファンだったら

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

女子サッカーのワールドカップ

なでしこジャパンの活躍を

みなさんもご覧になっていた

ことと思います。

グループステージを全勝で

1位通過。

準々決勝ではスウェーデンに

及ばなかったものの

真摯さの感じられるゲームでした。

(正直なところ、試合のある期間は

仕事も手につかず・・・)

ゲームそのものは大いに楽しみましたが

一方で特に海外のチームが負けた際

そこに寄せられるコメントには

心が痛くなるようなものもありました。

ネットに掲載されていた記事によれば、

「まるで5歳児がサッカーをしているのを見ているようだ」

「サッカーは最悪だ。話は終わり」

「彼らは自分自身で困難にした」

「不正直で堕落した馬鹿者、不器用で派手な犬、

 お前たちはみんな不器用な愚か者」

などなど。

こうしたコメントが寄せられるには

それぞれいろいろな経緯があるでしょうし、


翻訳上の問題などもあるかとは思いますが、

たぶん本当の意味でのファンの言葉ではないだろうし、

単に何か別の理由でため込んだストレスを

発散しているとしか思えない。

観客席からこうした言葉を発する代わりに

選手たちの隣に寄り添うような気持ちで

言葉かけがされるようになることを願います。

「頑張ったのに、残念だったな」

「胸を張って帰ってきて」

「また次も応援に来るぞ」

あなたがファンだったら、応援するチームに

どのような声掛けをしますか。


そして、普段の生活で

ご家族や友人には。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分から人を好きになる

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、自分のことが好きですか? 「自分のことが好きじゃないし、人を好きになるのも怖いんです」 相談に来たSさんは、椅子に座るとすぐにこう言いました。 「(いきなり来たな・・・)今日話したいことは、そういうことですか?」 「はい。会社に入って2か月以上になるのに友達ができなくて・・・」 「そうなんですね。『自分のことが好きじゃない』というのは、どういうことですか?」

学びは何のため?

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 私は戦後も戦後、 まったく戦争の影響を受けない時代に生まれ 高度経済成長期に子ども時代でした。 また、バブル経済真っ只中に 学生時代を過ごしました。 非常に恵まれた環境の中で育ち、 好きな勉強を続けて その道で仕事にも就きました。 仕事の延長で「コーチング」に出会い 「チーチング」の幅を広げる学びだと 気付かされました。 それに気付いて学び始め 学び

いい人と思われたい

本日の担当は、川本正秀です。 人に嫌われたくない、認められたいという気持ちの強い人は、「NOが言えない人」であることが多いようです。 だから、八方美人的と言うか、何でも引き受けて、無理を重ねて疲れてしまうかできずに迷惑をかけがちです。 結局、本質的にいい人なんですよね。 しかし、いつもいい人でいようと無理をするから、何か頼まれると断れない人でもあります。 職場などには、こういう感じの人がけっこう多

Comments


bottom of page