top of page
検索

あなたがファンだったら

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

女子サッカーのワールドカップ

なでしこジャパンの活躍を

みなさんもご覧になっていた

ことと思います。

グループステージを全勝で

1位通過。

準々決勝ではスウェーデンに

及ばなかったものの

真摯さの感じられるゲームでした。

(正直なところ、試合のある期間は

仕事も手につかず・・・)

ゲームそのものは大いに楽しみましたが

一方で特に海外のチームが負けた際

そこに寄せられるコメントには

心が痛くなるようなものもありました。

ネットに掲載されていた記事によれば、

「まるで5歳児がサッカーをしているのを見ているようだ」

「サッカーは最悪だ。話は終わり」

「彼らは自分自身で困難にした」

「不正直で堕落した馬鹿者、不器用で派手な犬、

 お前たちはみんな不器用な愚か者」

などなど。

こうしたコメントが寄せられるには

それぞれいろいろな経緯があるでしょうし、


翻訳上の問題などもあるかとは思いますが、

たぶん本当の意味でのファンの言葉ではないだろうし、

単に何か別の理由でため込んだストレスを

発散しているとしか思えない。

観客席からこうした言葉を発する代わりに

選手たちの隣に寄り添うような気持ちで

言葉かけがされるようになることを願います。

「頑張ったのに、残念だったな」

「胸を張って帰ってきて」

「また次も応援に来るぞ」

あなたがファンだったら、応援するチームに

どのような声掛けをしますか。


そして、普段の生活で

ご家族や友人には。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか? Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。 相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。 「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」 「それは、解決策や答えだと思います」 「なるほど、そう思いますよね。

日本語会話講師

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 みなさんは、ミャンマーという国をご存知ですか? 東南アジアのインドシナ半島にある共和制国家で、 以前はビルマと言っていました。 2021年2月1日の軍事クーデターにより 政情不安となり多くの国民が困っています。 国内での仕事や教育が困難な状態なため、 日本での就労や留学の希望者が増えています。 そんな中、外国人に日本語を教えている友人に誘われ、 昨年

お話ききますよ

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、見知らぬ人に話しかけたことがありますか? ある川に面したベンチに座って景色をながめていました。 しばらくすると、中年の男性が少し離れて、となりにすわりました。 「あ~~、そうやなあ~~」 男性は、ため息をついてはつぶやくことが何度かつづきました。 「失礼ですが、ちょっと気になって・・・私でよければお話をききますよ」 柔らかい表情と言葉で彼にそう告げました。

bottom of page