top of page
検索

天才キッズクラブ

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 先日、保育園理事長の

田中孝太郎さんの講話を聞きました。

いくつかの保育園を運営していて

名称を天才キッズクラブ(TKC)といいます。

子どもたち一人ひとりの可能性を信じ、

仲良く楽しい活動をしていることを

動画を示して紹介してくれました。

TKC三首の神器の紹介がありました。

 1.ハイタッチ・ハグ

 2.ピグマリオンミーティング

 3.パチパチ40

1はハイタッチとハグをするのですが、

コロナで接触ができなくなったため、

エアハイタッチ・エアハグに改訂したところ

不特定多数とできるようになったそうです。

2は人の良い所を見ていこうとすることです。

(コーチングの承認に似ています。)

3は1から40まで声を出すのですが、

3の倍数と3がついている数の場合は

声を出す代わりに手を叩くゲームです。

このとき、ミスが起こりますが

みんなで「グッドエラードンマイ」と言って

ミスを責めない文化を醸造しています。

今のことは、子どもたちたけではなく

職員同士でも行い、

やってみたいことに挑戦できる環境づくりと

たとえ失敗しても次に繋げられるようにしています。

Youtubeで公開しているので

興味のある方は、「天才キッズクラブ」で

検索してみてください。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page