top of page
検索

天才キッズクラブ

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 先日、保育園理事長の

田中孝太郎さんの講話を聞きました。

いくつかの保育園を運営していて

名称を天才キッズクラブ(TKC)といいます。

子どもたち一人ひとりの可能性を信じ、

仲良く楽しい活動をしていることを

動画を示して紹介してくれました。

TKC三首の神器の紹介がありました。

 1.ハイタッチ・ハグ

 2.ピグマリオンミーティング

 3.パチパチ40

1はハイタッチとハグをするのですが、

コロナで接触ができなくなったため、

エアハイタッチ・エアハグに改訂したところ

不特定多数とできるようになったそうです。

2は人の良い所を見ていこうとすることです。

(コーチングの承認に似ています。)

3は1から40まで声を出すのですが、

3の倍数と3がついている数の場合は

声を出す代わりに手を叩くゲームです。

このとき、ミスが起こりますが

みんなで「グッドエラードンマイ」と言って

ミスを責めない文化を醸造しています。

今のことは、子どもたちたけではなく

職員同士でも行い、

やってみたいことに挑戦できる環境づくりと

たとえ失敗しても次に繋げられるようにしています。

Youtubeで公開しているので

興味のある方は、「天才キッズクラブ」で

検索してみてください。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分から人を好きになる

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、自分のことが好きですか? 「自分のことが好きじゃないし、人を好きになるのも怖いんです」 相談に来たSさんは、椅子に座るとすぐにこう言いました。 「(いきなり来たな・・・)今日話したいことは、そういうことですか?」 「はい。会社に入って2か月以上になるのに友達ができなくて・・・」 「そうなんですね。『自分のことが好きじゃない』というのは、どういうことですか?」

学びは何のため?

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 私は戦後も戦後、 まったく戦争の影響を受けない時代に生まれ 高度経済成長期に子ども時代でした。 また、バブル経済真っ只中に 学生時代を過ごしました。 非常に恵まれた環境の中で育ち、 好きな勉強を続けて その道で仕事にも就きました。 仕事の延長で「コーチング」に出会い 「チーチング」の幅を広げる学びだと 気付かされました。 それに気付いて学び始め 学び

いい人と思われたい

本日の担当は、川本正秀です。 人に嫌われたくない、認められたいという気持ちの強い人は、「NOが言えない人」であることが多いようです。 だから、八方美人的と言うか、何でも引き受けて、無理を重ねて疲れてしまうかできずに迷惑をかけがちです。 結局、本質的にいい人なんですよね。 しかし、いつもいい人でいようと無理をするから、何か頼まれると断れない人でもあります。 職場などには、こういう感じの人がけっこう多

Comments


bottom of page