top of page
検索

承認してして!  ?

おはようございます。


今日の担当は、

柳原達宏です。


コーチングを学び始めた最初に

その3大スキルとして

「聞く」「承認する」「質問する」

を習った。


このうちの「承認する」については

「行動を継続させるためのスキル」

として学んだと記憶している。


相手の存在や、

相手に表れている違い・変化・成長

といったものを相手に伝えることで

モチベーションを維持し、

促進するというわけ。


この「承認」、学ぶ際には

「ほめる」こととの違いは何か

というところが一つのポイント。

「すごいね!」とか「えらいね!」という

それを口にする人の評価とは

全く別のものだからだ。


承認は

以前から人の持つ承認欲求との関係で

語られるのを耳にする。


日本人は他国の人に比べて自己肯定感が低い。

だから承認することでそれを高めよう。

そういった論調がある。


「承認」であれ「ほめる」であれ

他人からそれをしてもらううちに

知らず知らずのうちにそれを求めるようになり

依存状態が強まる人もいる。


そういう人は

コーチングを学んでいるにもかかわらず

相手が承認してくれたお礼に承認し返したり

承認のはずが、

その言葉に形容詞がたくさん

ちりばめられていたりする。


承認されないと、不安で仕方がない

なんて感じる人も。


今これを読んでくださっているみなさんが

承認について学び実践したいと思うなら

ぜひ、当研究会のワークに

ご参加いただきたい。


誰かを承認することとあわせて

自分で自分を承認することの大切さにも

気づいていただけるはずだ。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comments


bottom of page