top of page
検索

承認してして!  ?

おはようございます。


今日の担当は、

柳原達宏です。


コーチングを学び始めた最初に

その3大スキルとして

「聞く」「承認する」「質問する」

を習った。


このうちの「承認する」については

「行動を継続させるためのスキル」

として学んだと記憶している。


相手の存在や、

相手に表れている違い・変化・成長

といったものを相手に伝えることで

モチベーションを維持し、

促進するというわけ。


この「承認」、学ぶ際には

「ほめる」こととの違いは何か

というところが一つのポイント。

「すごいね!」とか「えらいね!」という

それを口にする人の評価とは

全く別のものだからだ。


承認は

以前から人の持つ承認欲求との関係で

語られるのを耳にする。


日本人は他国の人に比べて自己肯定感が低い。

だから承認することでそれを高めよう。

そういった論調がある。


「承認」であれ「ほめる」であれ

他人からそれをしてもらううちに

知らず知らずのうちにそれを求めるようになり

依存状態が強まる人もいる。


そういう人は

コーチングを学んでいるにもかかわらず

相手が承認してくれたお礼に承認し返したり

承認のはずが、

その言葉に形容詞がたくさん

ちりばめられていたりする。


承認されないと、不安で仕方がない

なんて感じる人も。


今これを読んでくださっているみなさんが

承認について学び実践したいと思うなら

ぜひ、当研究会のワークに

ご参加いただきたい。


誰かを承認することとあわせて

自分で自分を承認することの大切さにも

気づいていただけるはずだ。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分から人を好きになる

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、自分のことが好きですか? 「自分のことが好きじゃないし、人を好きになるのも怖いんです」 相談に来たSさんは、椅子に座るとすぐにこう言いました。 「(いきなり来たな・・・)今日話したいことは、そういうことですか?」 「はい。会社に入って2か月以上になるのに友達ができなくて・・・」 「そうなんですね。『自分のことが好きじゃない』というのは、どういうことですか?」

学びは何のため?

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 私は戦後も戦後、 まったく戦争の影響を受けない時代に生まれ 高度経済成長期に子ども時代でした。 また、バブル経済真っ只中に 学生時代を過ごしました。 非常に恵まれた環境の中で育ち、 好きな勉強を続けて その道で仕事にも就きました。 仕事の延長で「コーチング」に出会い 「チーチング」の幅を広げる学びだと 気付かされました。 それに気付いて学び始め 学び

いい人と思われたい

本日の担当は、川本正秀です。 人に嫌われたくない、認められたいという気持ちの強い人は、「NOが言えない人」であることが多いようです。 だから、八方美人的と言うか、何でも引き受けて、無理を重ねて疲れてしまうかできずに迷惑をかけがちです。 結局、本質的にいい人なんですよね。 しかし、いつもいい人でいようと無理をするから、何か頼まれると断れない人でもあります。 職場などには、こういう感じの人がけっこう多

Comments


bottom of page