top of page
検索

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。



あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか?



Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。


相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。



「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」


「それは、解決策や答えだと思います」


「なるほど、そう思いますよね。あなたがだれかに相談するときはどうですか?」


「やっぱり、どうしたらいいかという答えですね」


「ほかに求めているものはありませんか?」


「ほかに、ですか・・・」



悩みなどを相談する人は、「話を聞いてほしい」「気持ちをわかってほしい」という人の方が多いのではないかなと思います。


だから、アドバイスされると「話を聞かれていない」、「あなたの考えを押し付けないで」と感じてしまう人もいるようです。


また、アドバイスの仕方によっては、悩んでいる相手が否定されたと感じてしまうことも考えられます。


相談とは言いながら、話を聞いてもらう、思いを共有してもらうだけで気が楽になる人が案外と多いと感じます。



万が一、相手の話を聞いてもまだ納得していないような反応があれば、例えば、自分の同じような体験を話します。


口先で「わかる」というだけでなく、自分も同じような悩みがある(あった)と伝えます。


同じように悩んでいる(悩んだことがある)と聞くだけで、相手は「自分だけではない」という安心した気持ちになるようです。


相談者はアドバイスや答えを求めているだけではない、ということです。


そこを感じ取るには、すべての感覚を使って、相手の話を100%聴くことがカギになると思います。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分から人を好きになる

本日の担当は、川本正秀です。 あなたは、自分のことが好きですか? 「自分のことが好きじゃないし、人を好きになるのも怖いんです」 相談に来たSさんは、椅子に座るとすぐにこう言いました。 「(いきなり来たな・・・)今日話したいことは、そういうことですか?」 「はい。会社に入って2か月以上になるのに友達ができなくて・・・」 「そうなんですね。『自分のことが好きじゃない』というのは、どういうことですか?」

学びは何のため?

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。 私は戦後も戦後、 まったく戦争の影響を受けない時代に生まれ 高度経済成長期に子ども時代でした。 また、バブル経済真っ只中に 学生時代を過ごしました。 非常に恵まれた環境の中で育ち、 好きな勉強を続けて その道で仕事にも就きました。 仕事の延長で「コーチング」に出会い 「チーチング」の幅を広げる学びだと 気付かされました。 それに気付いて学び始め 学び

いい人と思われたい

本日の担当は、川本正秀です。 人に嫌われたくない、認められたいという気持ちの強い人は、「NOが言えない人」であることが多いようです。 だから、八方美人的と言うか、何でも引き受けて、無理を重ねて疲れてしまうかできずに迷惑をかけがちです。 結局、本質的にいい人なんですよね。 しかし、いつもいい人でいようと無理をするから、何か頼まれると断れない人でもあります。 職場などには、こういう感じの人がけっこう多

Comments


bottom of page