top of page
検索

求めているのはアドバイス?

本日の担当は、川本正秀です。



あなたは、人にアドバイスしてうまくいかなかったことがありませんか?



Aさんは、友人からグチや悩みの相談を受けることが多いそうです。


相手の話をよく聴いて、一生懸命アドバイスしても、「わかってないのね」などと言われることが多くて頭にくる、と言います。



「相談相手はAさんに何を求めていると思いますか?」


「それは、解決策や答えだと思います」


「なるほど、そう思いますよね。あなたがだれかに相談するときはどうですか?」


「やっぱり、どうしたらいいかという答えですね」


「ほかに求めているものはありませんか?」


「ほかに、ですか・・・」



悩みなどを相談する人は、「話を聞いてほしい」「気持ちをわかってほしい」という人の方が多いのではないかなと思います。


だから、アドバイスされると「話を聞かれていない」、「あなたの考えを押し付けないで」と感じてしまう人もいるようです。


また、アドバイスの仕方によっては、悩んでいる相手が否定されたと感じてしまうことも考えられます。


相談とは言いながら、話を聞いてもらう、思いを共有してもらうだけで気が楽になる人が案外と多いと感じます。



万が一、相手の話を聞いてもまだ納得していないような反応があれば、例えば、自分の同じような体験を話します。


口先で「わかる」というだけでなく、自分も同じような悩みがある(あった)と伝えます。


同じように悩んでいる(悩んだことがある)と聞くだけで、相手は「自分だけではない」という安心した気持ちになるようです。


相談者はアドバイスや答えを求めているだけではない、ということです。


そこを感じ取るには、すべての感覚を使って、相手の話を100%聴くことがカギになると思います。


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立ち上がる力

本日の担当は、川本正秀です。 Aさんは、子どもに「転ばないでほしい。失敗しないでほしい」とずっと気にかけてきました。 だから先回りして転ばないように配慮し、失敗しない方法を何度も教えてきました。 しかし、子どもは何度も転び、失敗してしまった。 親心は理解できるけれど、「人生で転ばない人はいない」のではないかと思います。 子どもなら、できるだけ平らで、障害物のないところでも転ぶことはあるでしょう。

新年度

おはようございます。 今日の担当は、柳原達宏です。 今日は4月1日。 例年に比べて桜の開花が遅れたことで 入学式の頃にはちょうど見ごろでしょうか。 学校では新年度の始まり。 学生・生徒・児童も、先生や職員も 新しい学年、新しい仲間、新しい同僚、 そして新しい学び・担当する仕事に わくわくしたり、ちょっと不安も感じたり。 でも、期待も夢もあったり。 この時期になると思い出すのは 合唱曲「春に」。 谷

その人に必要なことば

本日の担当は、川本正秀です。 落ち込んでいる人に、「あなたのここを直したほうがいい」とアドバイスしたことはありませんか? 「あなたの性格や内面を直せ」、と言う人は嫌がられるものです。 もしあなたが、そう言われたら、やはりいい気はしないでしょう。 「あなたのここがダメだ」と考えている人を好きだと思えないのは当然です。 いろいろとうまくいかない人から相談されました。 「相談すると、あそこを直せ、ここを

Comentários


bottom of page